私たちは、皆それぞれの文化の中に生まれ、育ったので文化の産物です。また、自分の文化が当たり前であり(正しいとまで思っているかも知れない)、その中で日々暮らしている。でも、聖書の世界観と相容れるのだろうか。そこの大きな葛藤が実はあるのではなかろうか。例えば、民主主義と神の主権、啓蒙思想と聖書の世界観、アメリカ(日本)のキリスト教(会)と聖書的キリスト教(会)。エペソ人への手紙の中には素晴らしい答えがある。

Christianity and Cultural Context (クリスチャンと文化背景), Japanese only, at RJC Conference, March 1, 2014

—————–

Everyone is born into a culture and is raised in it. His/her culture is norm (even best and correct) to him. We are living in a various cultures. None of us is living in a vacuum. What does the sovereignty of God mean in the culture of democracy? American Christianity is greatly influenced by American culture and its values. Should we transplant American Christianity to Japan? How should we prepare young Christians who have become believers in America, and now going back to Japan? What are they expecting or looking for?

Challenge Of Being Christian In Non-Christian Cultures, at RJC Conference, March 1, 2014

竹田亮一 1965年に福岡市の鳥飼バプテスト教会においてクリスチャンとなり受洗しました。牧会経験は1975年からですが、77
年からは北米で、そのほとんどはカナダ人、アメリカ人教会での牧会です。1997年からは、ワシントン州ブレイン市のBlaine Christian Fellowshipでの牧会です。Vancouver (BC)にあるRegent Collegeの卒業生です(‘90)。家族は、妻(Lydia – オランダ人/カナダ人)と子供二人です。

I became a Christian, and was baptized at Torikai Baptist Church, Fukuoka in 1965. I am currently pastor of Blaine Christian Fellowship (non-denominational) in Blaine, WA (since 1997).

Go Ahead, Leave A Comment

Name *: Mail *: won´t be published Website
Comment*:

© RJC NETWORK. ALL RIGHTS RESERVED.
MADE WITH LOVE BY CAPITAL WEB RESULTS